7つの特徴

旧建設省 官民共同メンバー 他社との違いは中和洗浄工法 環境にダメージを与えない洗剤
様々な素材に対応 ビル以外も工事可能 洗浄ユニット 飛散回収吸引装置の使用

旧建設省 官民共同メンバー

平成7~9年「構造物の防汚技術の開発」に関する旧建設省官民共同メンバーに、 外壁洗浄会社として唯一選ばれ
最大の特徴である 「中和洗浄工法」が高く評価されました。

↑ページトップへ戻る

他社との違いは中和洗浄工法

酸性洗剤とアルカリ性洗剤、2種類の洗剤を素材表面で接触させることで起きる中和反応の力で
汚れを攪拌させて浮かせる工法が中和洗浄工法です。
温水を使用することでその除去能力をパワーアップさせ、かつ洗剤の成分残留をなくします。

↑ページトップへ戻る

環境にダメージを与えない洗剤

当社の洗剤が環境にダメージを与えないという各種実験データを完備しています。

各種実験データ
中和処理について
2種類の洗剤を混合させると中和(ph7前後)であることは専門機関で証明されています。
※(財)化学品検査協会の調査データより。
残留・廃液について
素材への洗剤成分の残留をなくし、廃液も下水に流せる状態であることを専門機関で調査した結果
環境にダメージを与えないレベルであると証明されています。
※(財)化学品検査協会の調査データより。
植物への影響について
使用洗剤は、気温・濃度ごとに植物へふりかけた場合、どのような影響を与えるか実験済みです。
そのデータに基づき、適切に対応しています。
※クリーブランドケミカル研究所の調査データより。

↑ページトップへ戻る

様々な素材に対応

石材、アルミ、タイル、ラスタータイル、塗装面等、様々な素材に対応しています。

石材アルミ
タイルラスタータイル

↑ページトップへ戻る

ビル以外も工事可能

ビル外壁だけでなく、ダム、橋、トンネル、道路、飛行機やバス、トラック等の車両まで対応しています。

トラック橋
首都高速飛行機

↑ページトップへ戻る

洗浄ユニット

3種類の特許を持つ、アメリカ生まれの洗浄ユニットで中和洗浄工法を可能にしています。

USA特許

↑ページトップへ戻る

飛散回収吸引装置の使用

飛散をさせられない立地の場合には、飛散回収吸引装置を用いて洗浄作業を行います。

飛散回収吸引装置の使用

↑ページトップへ戻る