石材の汚れ・劣化事例

協力会社募集

石材の汚れ・劣化事例

石材の汚れ・劣化事例

石材外装 雨筋よごれ

雨筋状のよごれは、雨水とともに汚れが石に浸透してしまうケース(事例1)とシール目地油分が静電気をおび、大気中の汚れを引き寄せてしまうケース(事例2)があるようです。
不自然な筋状のよごれは、デザインと景観に違和感を作りだし建物の資産価値を低下させてゆきます。

  • 事例1
  • 事例2

藻類・カビよごれ

藻類・カビは時間をかけて石材を劣化に導いてゆきます。
フラット・シャープな外装に発生する藻類・カビは、建物意匠を損ねる想定外のよごれです。
また転倒災害防止には、藻類・カビ汚れの除去は有効です。

  • 事例3
  • 事例4
  • 事例5

水染み

下地モルタルのアルカリ成分が石材細孔で結晶化し詰まることで、蒸発できない水分が染みに見える現象です。湿っているため汚れが付きやすく、汚れがより水シミを目立たせることとなります。事例8は水シミのあるなしが同じ個所にある事例です。
水シミをなくすことは困難ですが、コーティングの汚れ防止効果により水シミを目立たなくできる可能性があります。

  • 事例6
  • 事例7

さび

下記事例のサビは石材内部で発生しています。下地からの水分で石材内部の鉄分がさびたと推測できます。さびは一時的に除去しても再発生する可能性の高い事例です 。

  • 事例8
  • 事例9

ビフォーアフター施工例